「多賀城の高級食器 -緑釉・灰釉・青磁・白磁-」東北歴史博物館

「多賀城の高級食器 -緑釉・灰釉・青磁・白磁-」東北歴史博物館

名称:「多賀城の高級食器 -緑釉・灰釉・青磁・白磁-」東北歴史博物館
会期:2021年1月5日(火)から7月4日(日)まで
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(発券は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
観覧料金:常設展観覧料金で御覧になれます。
  一般460円(20名以上の団体は360円)
  小・中・高校生無料
住所:〒985-0862宮城県多賀城市高崎1-22-1
TEL:022-368-0106
URL:東北歴史博物館
 多賀城跡・多賀城廃寺跡では,国産の緑釉(りょくゆう)・灰釉(かいゆう)陶器,中国産の青磁(せいじ)・白磁(はくじ)が1,800点以上出土しています。それらは天皇が食事をするときや国家的な宴会でも用いられる高級な食器で,その出土量の多さは,陸奥国府であった多賀城の格の高さを反映しています。
 近年の研究により,それらがどこで作られ,どのように使われたかだけでなく,当時の都である平安京でもほとんど出土しないような資料の存在も分かってきました。今回はそれらについて紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る