春季展「大きな美術と小さな美術 -東洋工芸 鑑賞と実用」白鶴美術館

春季展「大きな美術と小さな美術 -東洋工芸 鑑賞と実用」白鶴美術館

名称:春季展「大きな美術と小さな美術 -東洋工芸 鑑賞と実用」白鶴美術館
会期:2021年3月6日(土)~6月6日(日)
休館日:月曜日、但し5月3日(祝・月)は開館、5月6日(木)を休館
開館時間:午前10時~午後4時30分(但し入館は午後4時まで)
入館料:大人:800円 65歳以上・大学・高校生:500円 中・小学生:250円
  (大人・大学・高・中・小学生団体20名以上は2割引)
住所:〒658-0063兵庫県神戸市東灘区住吉山手6-1-1
TEL:078-851-6001
URL:白鶴美術館

古来、実用に供されると同時に人々を魅了してきた工芸品。その最も重要な要素の一つとして、大きさがありますその中には大きさや小ささが重要な要素となったものもあり、一方で迫力に満ち溢れ、大きくてどっしりした安定感が際立つ工芸品が必要とされ、他方では小さくて使い勝手の頗る良い実用性に富んだ工芸品も存在します。加えて、大きさは造形や文様と共に鑑賞性も導きます。作品が生み出される背景には、高い技術力が存在するため、こうした実用性と鑑賞性を具える工芸品の魅力は、制作者への尊敬の念とも言い換えることができます。
 白鶴美術館は、中国はじめ東洋の優れた工芸作品を所蔵する館として世に知られています。当館は、世界最大級の大きさを誇る青銅器、銀器、水晶玉から、小さく愛らしい上に精巧な作りの装身具に至るまで広範な作品を有しています。その多岐に亙る諸分野の中には仏教美術も含まれます。本展覧会では、大きさに着目し、驚きの器面を現出する工芸作品の数々を展示します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る