「春季展示 —安曇野風土記—」安曇野高橋節郎記念美術館

「春季展示 —安曇野風土記—」安曇野高橋節郎記念美術館

名称:「春季展示 —安曇野風土記—」安曇野高橋節郎記念美術館
会期:令和3年2月2日(火)~6月13日(日)
休館:月曜日、祝日の翌日
入館:常設展料金(一般410円、高大校生310円)
  ※中学生以下、70歳以上の安曇野市民は無料
住所:〒399-8302長野県安曇野市穂高北穂高408-1
TEL:0263-81-3030
URL:安曇野高橋節郎記念美術館
 このたび、「美術」をテーマに、安曇野市教育委員会から「安曇野風土記」が刊行される運びとなりました。「水」「祭り」「桜」に続くもので、美術の分野や時代に分け、どのような作家が安曇野に生まれ、または訪れ、どういった作品を遺してきたのかを紹介しています。
本展は、「安曇野風土記Ⅳ」美術編が刊行されるのを機に、本書で取り上げた髙橋節郎の代表作を中心に、ご紹介するものです。
第3展示室では、節郎と縁のある結城素明(1875-1957年)、熊谷守一(1880-1977年)の作品もあわせて展示しています。
安曇野の豊かな風土が生んだ漆の芸術家、髙橋節郎の多彩な作品の数々をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る