開館25周年記念「渡辺省亭―欧米を魅了した花鳥画」岡崎市美術博物館

開館25周年記念「渡辺省亭―欧米を魅了した花鳥画」岡崎市美術博物館

名称:開館25周年記念「渡辺省亭―欧米を魅了した花鳥画」岡崎市美術博物館
開催期間:2021年7月10日(土)〜9月5日(日)
休館日:毎週月曜日
開館時間:10時から17時(入場は16時30分まで)
会場:岡崎市美術博物館
観覧料:一般[高校生以上]1000円(900円)、小中学生500円(450円)
  *岡崎市内在住・在学の小中学生は無料(証明書類等をご提示ください)
  *( )内は20名以上の団体料金
主催:岡崎市美術博物館、中日新聞社、NHK名古屋放送局、NHKエンタープライズ中部
協賛:DNP 大日本印刷
住所:〒444-0002愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
TEL:0564-28-5000
URL:岡崎市美術博物館
  明治から大正にかけて華々しく活躍した、渡辺省亭(わたなべせいてい)(1852-1918)の初となる大規模な回顧展です。省亭は日本画家として初めて渡欧、ドガをはじめとした印象派の巨匠と交流した経験を持ち、繊細で洒脱な花鳥画が海外で高く評価されました。一方国内でも、迎賓館赤坂離宮(国宝)花鳥の間を飾る七宝額の原画を描くなど実力が認められていました。しかし明治30年代以降、次第に画壇と距離を置いたため、展覧会で紹介される機会が少なくなってしまいました。本展では海外からの里帰り作品を含め、これまであまり知られてこなかった個人コレクションを中心に、省亭の全画業を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る