「江戸狩野派の古典学習—その基盤と広がり」静岡県立美術館

「江戸狩野派の古典学習—その基盤と広がり」静岡県立美術館

名称:「江戸狩野派の古典学習—その基盤と広がり」静岡県立美術館
開催期間:2021年5月18日(火)~6月27日(日)
前期:5月18日(火)~6月6日(日)
後期:6月8日(火)~6月27日(日)
開館時間:10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
休館日:毎週月曜日
観覧料:
  当日券一般:300円/70歳以上・大学生以下:無料
  団体券一般:200円/70歳以上・大学生以下:無料
  ※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。
  ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料でご覧いただけます。
住所:〒422-8002静岡県静岡市駿河区谷田53-2
TEL:054-263-5755
URL:静岡県立美術館
 「忘れられた江戸絵画史の本流」展の開催に併せて、江戸狩野派の古典学習に焦点をあてた特別展示を行います。本展では、さまざまな古典名画への多角的なアプローチによって古典様式のエッセンスを体得し、時代の潮流にあわせてその表現を刷新した江戸狩野派の古典学習の多様な実態をご紹介することで、江戸絵画史の本流を形成した江戸狩野派の魅力の本質に迫ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る