「信長・秀吉・家康が見た大坂」大阪城天守閣

「信長・秀吉・家康が見た大坂」大阪城天守閣

名称:「信長・秀吉・家康が見た大坂」大阪城天守閣
開催期間:令和3年3月20日(土・祝)~5月31日(月)
開催場所:大阪城天守閣 4階展示室
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
住所:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城1-1
TEL:06-6941-3044
URL:大阪城天守閣
  群雄割拠の天下を統一する道筋をつけた織田信長と、それを達成した豊臣秀吉、その天下を継承した徳川家康。彼らにとって大坂は重要な意味を持つ場所でした。大阪城天守閣の収蔵する数々の歴史資料を通し、当時の大坂がいかなる姿をしていたのか、その大坂に対し3人の天下人がどのように働きかけたのかをさぐってみましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る