「アンリアレイジ展覧会「AとZ」ANREALAGE EXHIBITION “A&Z”」三菱地所アルティアム

アルティアム最後の展覧会「絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。」三菱地所アルティアム

名称:「アンリアレイジ展覧会「AとZ」ANREALAGE EXHIBITION “A&Z”」三菱地所アルティアム
会期:2021年5月22日(土) − 7月4日(日)
開館時間:10:00 – 20:00
休館日:6月15日(火)
入場料:一般:400(300)円  学生:300(200)円
  再入場可高校生以下・障がい者等とその介護者 1名は無料
  ( )は前売料金(チケットぴあ Pコード 685-642)
住所:〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
TEL:092-733-2050
URL:三菱地所アルティアム
ファッションブランド・アンリアレイジの軌跡を「言葉と服」で辿る展覧会
言葉と共にそのクリエイティブと思想に迫ります
ファッションは日常を変える装置と捉え活動するブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」。2003年にデザイナー森永邦彦によって設立されました。2014年パリコレクションデビュー、2019年度第37回毎日ファッション大賞受賞、2020年イタリアの世界的ファッションブランドFENDIとの協業をミラノコレクションにて発表するなど、国内外問わず注目を集めています。また、2021年ドバイ万博日本館の公式ユニフォームを担当。ファッションを通して常識を覆す驚きやインパクトを与え続けています。そのブランド名は、日常を表す「A REAL」と非日常を表す「UN REAL」に、移ろう時代「AGE」を加え構成されています。「非日常とは、非現実的なことではなく、日常の中で見落とされてしまった些細なこと」と語る森永。日常に潜む非日常をすくい取り、一見対極にある事象を、概念に捉われることなく境界を揺るがすように発想転換し、1着の洋服として表現してきました。

本展では、アンリアレイジの初期から最新のコレクションを「言葉と服」で歩みを辿ります。テーマとコンセプトが服づくりの根幹とするアンリアレイジ。その制作は、形や素材、色ではなく、言葉を決めるところから始まります。言葉と共に、18年の歩みを振り返ることで、アンリアレイジの根幹にある思想に迫ります。

森永 邦彦 Morinaga Kunihiko
ANREALAGEデザイナー。1980年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。2003年「ANREALAGE(アンリアレイジ)」を設立。2014年、パリコレクションデビュー。2015年フランスの「ANDAM FASHION AWARD」のファイナリストに選出。2019年フランスの「LVMH PRIZE」のファイナリストに選出。2019年度第37回毎日ファッション大賞受賞。2020年伊・FENDIとの協業をミラノコレクションにて発表。2021年ドバイ万博日本館の公式ユニフォームを担当。主な個展に「A LIGHT UN LIGHT」(東京・名古屋ほか海外巡回、2017~)。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」大阪歴史博物館
ページ上部へ戻る