「大阪から日本の産業革命を切り拓いた起業家 松本重太郎展」大阪企業家ミュージアム

「大阪から日本の産業革命を切り拓いた起業家 松本重太郎展」大阪企業家ミュージアム

名称:「大阪から日本の産業革命を切り拓いた起業家 松本重太郎展」大阪企業家ミュージアム
会期:2021年6月8日(火)〜8月31日(火)
開館時間:10:00~17:00(最終入館16:30) 
  ※現在、毎週水曜日の夜間営業は休止中。
料金:大人300円/中・高・大学生100円/小学生以下無料 
  ※大人10名以上で団体割引あり(1人200円)
休館日:休館日:日曜日、月曜日、祝休日、お盆休み(8月12日~16日) 
  ※現在、緊急事態宣言の発出により臨時休館中。
住所:〒541-0053大阪市中央区本町1ー4ー5 大阪産業創造館B1
TEL:06ー4964ー7601
URL:大阪企業家ミュージアム

大阪企業家ミュージアムは、京丹後市との共催、アサヒビールホールディングス株式会社の協力により、6月8日(火)から特別展示「大阪から日本の産業革命を切り拓いた起業家 松本重太郎 ―京丹後から生まれた明治の革新者 ―」を開催します(会期:2021年8月31日(火)まで)。
京都府京丹後市丹後町間人(たいざ)の農家に生まれた松本重太郎は、わずか10歳で奉公に出て、江戸から明治への時代の転換期を自らの才覚と努力で切り拓き、関西を代表する企業家へと上りつめました。
本展示では、日本資本主義の父と言われる渋沢栄一と並び称され、東洋紡㈱、南海電気鉄道㈱、アサヒビール㈱など今に続く数多の企業の創業に関わった松本重太郎の足跡を紹介。あわせて、生誕の地・京丹後市の産業や観光情報も発信します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る