企画展「アンティークドール×現代創作人形」横浜人形の家

企画展「アンティークドール×現代創作人形」横浜人形の家

名称:企画展「アンティークドール×現代創作人形」横浜人形の家
開催期間:2021年7月10日(土)~10月10日(日) 9:30〜17:00(最終入館16:30)
  ※毎週月曜日休館、8月9日(月)は特別開館
観覧料:大人〈高校生以上〉900円/子ども〈小中学生〉450円
入館料:(大人400円/子ども200円)含む、未就学児は入館および観覧料無料
企画協力:羽関オフィス
会場:横浜人形の家 3階企画展示室
住所:〒231-0023神奈川県横浜市中区山下町18番地
TEL:045-671-9361
URL:横浜人形の家

横浜人形の家・企画展「アンティークドール×現代創作人形」は、現代創作人形作家18名が一堂に会し、当館収蔵の陶製ビスクドール・布製レンチドール・自動で動くオートマタ人形などのアンティークドール作品からインスピレーションを得て、本展に向けて新たに制作した作品を中心に約90点以上を一挙にご紹介いたします。

なお新作の人形作品を含む展示作品の多くは抽選販売もおこないます。

作家それぞれの、伝統的な人形をリスペクトする視点を通して新たに創作された現代人形とアンティークドールとのコラボレーションをどうぞお楽しみください。

出展作家(五十音順)
秋山まほこ、Uncreer、因間りか、小畑すみれ、尾花智子、月光社、恋月姫、佐伯祐子、髙塚宏、Noe、長谷川裕子、坂東可菜、陽月、ヒロタサトミ、福永のりこ、水澄美恵子、三輪輝子、山吉由利子

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る