日本大衆音楽史【特別編】第2回「オリンピックと日本の大衆音楽」古賀政男音楽博物館

日本大衆音楽史【特別編】第2回「オリンピックと日本の大衆音楽」古賀政男音楽博物館

名称:日本大衆音楽史【特別編】第2回「オリンピックと日本の大衆音楽」古賀政男音楽博物館
開催期間:令和3年4月1日(木)~8月31日(火)
開館時間:10:00~18:00(最終入館は17:30まで)
住所:〒151-0064東京都渋谷区上原3-6-12
TEL:03-3460-9051
URL:古賀政男音楽博物館

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよくいわれる言葉です。歌は世相を映す鏡といえるのではないでしょうか。遠く明治・大正・昭和の時代から平成・令和に至るまで、多くの流行歌や歌謡曲などが時代とともに生まれ、そして時代の移り変わりとともに消えて行きました。心に残るあの歌やこの歌が流行した当時、日本はどのような時代だったのでしょうか。
今回は、オリンピック開催を記念して、日本におけるオリンピックの歴史を、大衆音楽と共にご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る