「[FIGUR] 土肥美穂 / ガブリエル・ハートリー / 寺内曜子 by HAGIWARA PROJECTS」CADAN有楽町

ガブリエル・ハートリー 2022 ©Gabriel Hartley

名称:「[FIGUR] 土肥美穂 / ガブリエル・ハートリー / 寺内曜子 by HAGIWARA PROJECTS」CADAN有楽町
会期:2022年4月28日(木)~2022年5月15日(日)
開館時間:11:00 〜 19:00
休館日:月曜 月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、土曜日・日曜日・祝日は17:00まで
入場料:無料
会場:CADAN有楽町
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F
TEL:070-6464-1438
URL:CADAN有楽町

ガブリエル・ハートリー 2022 ©Gabriel Hartley
ガブリエル・ハートリー 2022 ©Gabriel Hartley

この度CADAN有楽町では、東京・森下を拠点とするHAGIWARA PROJECTSの企画による土肥美穂、ガブリエル・ハートリー、寺内曜子の3名による展覧会[FIGUR]を開催します。
土肥美穂は、様々な素材を組み合わせた彫刻作品を制作します。異なる種類の素材が調和と反発のバランスを絶妙に保ち、有機的な存在感を持つ作品です。土肥は素材一つ一つの形や質感、色がお互いに及ぼす作用を、あらゆる角度から見て検証しながら丁寧にすくい上げ、未知のものを作る可能性を探求します。本展では、「視ること」をテーマにしたドローイング作品を初披露します。
ガブリエル・ハートリーは、日々描き止めるスケッチや、写真を元に絵画を描きます。街並みや動植物の形は、画面上で抽象度を増し、さらに様々な技法で描かれた色とテクスチャーのレイヤーが、光や時間帯によって鑑賞者が知覚するイメージに変化を及ぼします。本展では、近作の色鮮やかな絵画を展示いたします。
寺内曜子は、当たり前と見なされている裏と表、内と外、正義と悪といった対立項の概念への問題意識を元に、彫刻作品を制作しています。作品は全て、一枚の紙や板状の鉛から、何も足さず、何も引かずに必然的に成り立つかたちに限定し、世界のありかたに対する自身の信念を伝えます。本展では、鉛を使った彫刻の中から、日本では未発表の作品を展示します。
三者の作品の形のあり方はそれぞれですが、現れている形を視ることで、その視覚体験が知覚を刺激し、豊かな鑑賞体験に広がることをぜひ体感してください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る