「現代の町絵師 笑いと反骨の画家 田島征彦展」安曇野ちひろ美術館

「現代の町絵師 笑いと反骨の画家 田島征彦展」安曇野ちひろ美術館

名称:「現代の町絵師 笑いと反骨の画家 田島征彦展」安曇野ちひろ美術館
開催期間:2021年6月5日(土)~9月5日(日)
住所:〒399-8501長野県北安曇郡松川村西原3358-24
TEL:0261-62-0772
URL:安曇野ちひろ美術館

田島征彦は大阪の堺に生まれ、高知で育ちます。自然豊かな土佐の野山をかけまわり、魚を捕りながら、幼いころに姉の教科書に描かれた椿の花の絵を見て、このような絵が描ける画家になりたいと決心。双子の弟・征三とともに、限られた材料で絵を描く一方、楽しみだった図工の時間では思うように描けない、つくれないことに癇癪をおこし、しょっちゅう泣いていた少年時代でした。田島は美大への進学を直前に決めたため、高校の先生に今から受かる可能性のある学校として京都市立美術大学の染織科をすすめられます。最初は自分に向いていないと断ったものの、入学後好きなことができると諭され出願し、合格します。しかし大学時代は、学内の劇団での活動に熱中し、染織にはほとんど関心を示しませんでした。

現代美術やイラストレーションなど幅広く関心をもっていた田島は、在学中に課題で絵本をクラス全員で制作した後、自ら同級生を誘い、物語まで考えた絵本『りんごと宝石』をつくります。さらに、翌年はシルクスクリーンで絵本『まざあぐうす』を制作し、東京でデザインを学んでいた征三に見せるために持参します。今では見られたものではないというものの、これらは田島の絵本の出発点ともいえます。卒業を控え、就職すると制作の時間や場所を失うことに気づき、田島は同大学の専攻科に進学し、ようやく本格的に染織を始めました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る