「家康から義直へ」徳川美術館

「家康から義直へ」徳川美術館

名称:「家康から義直へ」徳川美術館
開催期間:2021年7月17日 (土) ~ 2021年9月12日 (日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(ただし8/9は開館、8/10は休館)
観覧料:一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
  ※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
  ※毎週土曜日は小・中・高生入館無料
主催:徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社・日本経済新聞社
協力:名古屋市交通局
展覧会図録:関連図録①「徳川家康―天下人の遺産―」(2020年再版/初版発行2015年8月)1200円(税込)
      関連図録②「尾張の殿様物語」(2007年4月発行)1450円(税込)
住所:〒461-0023愛知県名古屋市東区徳川町1017
TEL:052-935-6262
URL:徳川美術館

「家康から義直へ」徳川美術館
「家康から義直へ」徳川美術館

戦国の世を生き抜き、天下統一を果たした家康。そして家康の九男として誕生し、泰平の世に尾張国の統治を任された義直。二人は親子でありながらも対照的な時代を生きました。家康から莫大な財産と蔵書を受け継いだ義直は、尾張藩の基礎を固め、名古屋を繁栄に導きました。
 家康から義直へと受け継がれた治世方針に焦点をあてながら、二人の生涯や政治に対する姿勢、そして義直の家康への想いを、遺品や史料などを読み解きながらたどります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る