「つくばメディアアートフェスティバル2021」茨城県つくば美術館

「つくばメディアアートフェスティバル2021」茨城県つくば美術館

名称:「つくばメディアアートフェスティバル2021」茨城県つくば美術館
会期:2021年7月30日(金)〜8月9日(月)
開館時間:9:30~17:00(初日は11:00開館、最終日は13:00閉館)
料金:入場無料
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2-8
TEL:029-856-3711
URL:茨城県つくば美術館

「つくばメディアアートフェスティバル2021」茨城県つくば美術館
「つくばメディアアートフェスティバル2021」茨城県つくば美術館

日本の重要な研究機関が集まる「科学のまち」つくば。世界でもトップクラスの実績を誇る「筑波大学工学・芸術連携リサーチユニット」全面協力のもと、見て・体験して・学べる科学×アートの世界をお届けします。第5回目となる本展の注目は「つくばサイエンスハッカソン」。科学者とアーティストという未知なるものを探求する両者がタッグを組み、新たな価値を共創する取り組みとして、プラプラックス代表・近森基氏が筑波大学下田臨海実験センターに出向き、海洋酸性化が進む未来の海についての研究に着想を得た作品を制作。その完成作品と制作過程の展示に加え、代表作の一つである「KAGE-Table」も同会場で楽しむことができます。さらに、2018年に開催した本展にて新作「HERO-HEROINE」を発表したGRINDER-MANの「DanceBrew」や、逢坂卓郎氏の「Spectacle of Spectrum 2021」を招待。岩田洋夫氏の新作ロボットなど、体験作品も充実の内容となっています。全12作品の展示のほか、関連イベントとして隣接するつくば中央公園で、プロジェクションマッピングを上映します。ぜひお立ち寄りください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る