特別展「発掘された日本列島2021」苫小牧市美術博物館

特別展「発掘された日本列島2021」苫小牧市美術博物館

名称: 特別展「発掘された日本列島2021」苫小牧市美術博物館
会期:2021年7月31日(土)−9月12日(日)
休館日:月曜日(8月9日(月・振休)は開館、8月10日(火)は休館)
開館時間:9:30ー17:00 ※入場は閉館の16:30まで
会場:苫小牧市美術博物館 企画展示室
観覧料:一般600(500)円 高大生400(300)円 中学生以下無料
主催:文化庁、苫小牧市美術博物館、北海道新聞社、全国新聞社事業協議会
協力:全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会、全国埋蔵文化財法人連絡協議会、
   公益財団法人元興寺文化財研究所、共同通信社、恵庭市教育委員会、千歳市教育委員会
後援:苫小牧信用金庫、北海道新聞社苫小牧支社、株式会社苫小牧民報社、株式会社三星、全国史跡整備市町村協議会
  ※(  )内の料金は10名以上の団体および前売券の料金です。
住所:〒053-0011北海道苫小牧市末広町3-9-7
TEL:0144-35-2550
URL:苫小牧市美術博物館

特別展「発掘された日本列島2021」苫小牧市美術博物館
特別展「発掘された日本列島2021」苫小牧市美術博物館

「発掘された日本列島」展は文化庁などが主催の巡回展で、北海道では実に14年ぶりの開催となります。本展は「我がまちが誇る遺跡」「新発見考古速報」「特集 記念物100年-次の100年に向けて-」の3章構成となります。
普段なかなか見ることの難しい全国各地の最新の発掘成果や日本列島各地で花開いた多様な地域文化をぜひご覧ください。
また、地域展示「環壕をつくった人々」として史跡静川遺跡に代表される縄文時代の環壕遺構をご紹介します。

特別展「発掘された日本列島2021」苫小牧市美術博物館
特別展「発掘された日本列島2021」苫小牧市美術博物館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る