特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」あーすぷらざ

特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」あーすぷらざ

名称:特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」あーすぷらざ
会期:2021年6月26日(土)~8月29日(日) 9:00~17:00 (入場16:30まで)
場所:あーすぷらざ5階 常設展示室(特設会場)
入場料:大人:400円 高校生・学生・65歳以上の方・左記以外で
  20歳未満の方:200円 小・中学生:100円 
  未就学児:無料
  ※団体料金(2割引き)は有料観覧者20名以上の場合適用
  ※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方2名は無料
対象:どなたでも
主催:神奈川県立地球市民かながわプラザ(指定管理者:公益社団法人青年海外協力協会)
共催:European Network Remembrance and Solidarity(記憶と連帯の欧州ネットワーク)  
協力:公益財団法人大阪国際平和センター(ピースおおさか)
後援:駐日ポーランド共和国大使館、ポーランド広報文化センター
住所:〒247-0007神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1 神奈川県立地球市民かながわプラザ
TEL:045-896-2121
URL:あーすぷらざ

特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」あーすぷらざ
特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」あーすぷらざ

生と死のはざまで人々が選んだ道とはー

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによる迫害で多くのユダヤ人が犠牲になりました。この迫害の中で、危険を冒しながらもユダヤ人に手を差し伸べた人々がいました。そのおかげで生き残ることができたユダヤ人もいます。本展示では12か国のヨーロッパの国々におけるユダヤ人救済の物語を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る