ミニ展示「ファッションドールmomokoと振り返る2000年代」横浜人形の家

ミニ展示「ファッションドールmomokoと振り返る2000年代」横浜人形の家

名称:ミニ展示「ファッションドールmomokoと振り返る2000年代」横浜人形の家
会期:2021年8月17日(火)~10月10日(日) 9:30〜17:00
  ※最終入館16:30、毎週月曜日休館
観覧料:入館料(大人400円/小中学生200円)のみで観覧できます
  ※未就学児は入館および観覧料無料
会場:横浜人形の家 2階常設展示室・トピックコーナー
住所:〒231-0023神奈川県横浜市中区山下町18番地
TEL:045-671-9361
URL:横浜人形の家

2001年ペットワークス社よりインディーズドール「momoko」が誕生。

大人の女性向けに開発された1/6スケールの本格仕様の新世代ファッションドール「momoko」が切り取った2001年~2021年のファッショントレンドを振り返るミニ展示を行います。

「momoko」とは

大人の女性向けに開発された1/6スケールの本格仕様のファッションドール。

ペットワークスのアートディレクター真鍋奈見江がプロデュースする、東京の今を切り取る1/6スケール(身長約27cm)のリアル・ファッションドール「momoko(モモコ)」。

2001年8月のデビュー以来、インディーズドールとしてドールコレクターだけでなく、これまで人形に興味の無かった大人の女性に広まる。

おしゃれなファッションドールとして、アートとして、そのストイックなまでに追求したファッションと小物の精度が、様々な形で受け入れられている。またCM出演やモデル活動に加え、ファッションブランドやアーティスト、ミュージシャンとのクロスオーバーも積極的に行う。

2005年4月、「モンチッチ」で知られている「人形のセキグチ」よりメジャーデビュー。新世代ファッションドールとして高い評価を得ている。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る