静岡県富士山世界遺産センター・富士宮市共催「富士山表口の歴史と信仰ー浅間大社と興法寺ー」

静岡県富士山世界遺産センター・富士宮市共催「富士山表口の歴史と信仰ー浅間大社と興法寺ー」

名称:静岡県富士山世界遺産センター・富士宮市共催「富士山表口の歴史と信仰ー浅間大社と興法寺ー」
会期:2021年7月10日(土)~令和3年9月12日(日)                                                    <前期>令和3年7月10日(土)~8月9日(月・振休)
  <後期>令和3年8月14日(土)~9月12日(日)
  ※展示替えのため8月10日(火)~8月13日(金)は企画展示室は休室。
時間:7月・8月→9:00~18:00、9月→9:00~17:00 (最終入館は閉館30分前)
会場:静岡県富士山世界遺産センター2階企画展示室
料金:一般:700円 団体:600円 70歳以上:200円 大学生以下、障害者等:無料 (常設展観覧料も含む)
住所:〒418-0067静岡県富士宮市宮町5-12
TEL:0544-21-3776
URL:静岡県富士山世界遺産センター

静岡県富士山世界遺産センター・富士宮市共催「富士山表口の歴史と信仰ー浅間大社と興法寺ー」
静岡県富士山世界遺産センター・富士宮市共催「富士山表口の歴史と信仰ー浅間大社と興法寺ー」

かつて、富士山南麓の表口(大宮・村山口登山道)から富士山頂を目指した参詣者(道者)たちが信仰登山の拠点としていた富士山本宮浅間大社と興法寺(大日堂・村山浅間神社)の歴史と信仰をテーマにした企画展。 前期では令和2年春に修復を終えた、国指定重要文化財の絹本著色「富士曼荼羅図」(富士山本宮浅間大社所蔵)を初公開します!後期では、最新レプリカを公開します!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る