「コレクション展2021ー夏」和歌山県立近代美術館

「コレクション展2021ー夏」和歌山県立近代美術館

名称:「コレクション展2021ー夏」和歌山県立近代美術館
会期:2021年07月17日(土)~2021年09月26日(日)
開館時間:9時30分〜17時(入場は16時30分まで)
休館日;月曜日(ただし、8月2日、8月9日、9月20日は開館し、8月10日、9月21日は休館)
  *7月31日(土)、8月1日(日)は「紀の国わかやま総文2021 美術・工芸部門」関連行事 開催のため、一般の方の入場を制限する場合があります。
観覧料:一般350(270)円、大学生240(180)円 ( )内は20名以上の団体料金
  *高校生以下、65歳以上の方、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料
  *毎月第4土曜日(7月24日、8月28日、9月25日)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料
  *毎月第1日曜日(9月5日)は無料
主催:和歌山県立近代美術館
住所:〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上1-4-14
TEL. 073-436-8690
URL:和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館は、1970(昭和45)年11月、日本で5番目となる国公立の近代美術館として、和歌山県民文化会館の1階に開館しました。1963(昭和38)年に和歌山城内で開館した和歌山県立美術館が、扱う範囲を明治以前と以後を境として博物館と近代美術館に分かれたものです。両館とも1994(平成6)年に建築家の黒川紀章が設計した現在の建物に移転し、より充実した活動を続けています。

当館は、和歌山ゆかりの作家を中心に紹介と収集を続け、昨年は開館50周年を迎えました。この建物に移ってからは、扱う範囲を国外にも広げてさまざまな内容の展覧会をご覧いただくとともに、作品収集においても日本画、洋画、彫刻、版画など、総数1万点を超える作品を収蔵するに至っています。

コレクション展では、所蔵品を通じて幅広い美術の表現に接していただけるよう、季節ごとに展示を替え、その紹介を続けています。今回の展示では、近現代の欧米の作品をはさんで、和歌山ゆかりの作家を中心に、明治以降の美術の流れをたどっています。

神中糸子、川口軌外、保田龍門、建畠大夢、石垣栄太郎、ヘンリー杉本、浜地清松、高井貞二、村井正誠、稗田一穗、吉田政次、浜口陽三ら、和歌山県にゆかりの作家とともに、マーク・ロスコやジョージ・シーガルらの作品を織り込み、近現代美術の面白さに触れて頂く機会となっています。多彩な内容をぜひお楽しみください。

川口軌外《少女と貝殻》1934年
川口軌外《少女と貝殻》1934年
村井正誠《URBAIN No.1》1936年
村井正誠《URBAIN No.1》1936年
石垣栄太郎《街》1925年
石垣栄太郎《街》1925年
佐伯祐三《レ・ジュ・ド・ノエル》1925年
佐伯祐三《レ・ジュ・ド・ノエル》1925年
原勝四郎《画工像》1940年
原勝四郎《画工像》1940年
建畠大夢《おゆのつかれ》1913年(1970年鋳造)
建畠大夢《おゆのつかれ》1913年(1970年鋳造)
川端龍子《白浜 円月島》1958年
川端龍子《白浜 円月島》1958年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る