特別展「現代の織5 中野恵美子」熊野古道なかへち美術館

特別展「現代の織5 中野恵美子」熊野古道なかへち美術館

名称:特別展「現代の織5 中野恵美子」熊野古道なかへち美術館
会期:2021年7月17日(土)~9月12日(日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(ただし8月9日は開館)、8月10日(火)
観覧料:400円(320円)
  ( )内は20名様以上の団体割引料金
  ※学生及び18歳未満の方は無料です。
主催:田辺市立美術館
住所:〒646-1402和歌山県田辺市中辺路町近露891
TEL:0739-65-0390
URL:熊野古道なかへち美術館

特別展「現代の織5 中野恵美子」熊野古道なかへち美術館
特別展「現代の織5 中野恵美子」熊野古道なかへち美術館

田辺市立美術館では、2017年から日本の高度で独創的な織による造形表現を展観する展覧会シリーズ、『現代の織』を開催しています。伝統的なものと独自なものとを素材と技法において連動させ、織りの造形を、時代を反映した表現として世界に通じる作品を制作している、現代日本の優れた作家を特集して紹介しています。

今年度の「現代の織5」では、日本及び世界各地の染織の歴史や技法の研究と並行して、異文化との交わりの体験から触発された独創的な作品を発表し続けている、中野恵美子(1941~ )の芸術を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る