「上野リチ:ウィーンから来たデザイン・ファンタジー」三菱一号館美術館

「上野リチ:ウィーンから来たデザイン・ファンタジー」三菱一号館美術館

名称:「上野リチ:ウィーンから来たデザイン・ファンタジー」三菱一号館美術館
会期:2022年2月18日(金)〜5月15日(日)(予定)
主催: 三菱一号館美術館、産経新聞社
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL:三菱一号館美術館

「上野リチ:ウィーンから来たデザイン・ファンタジー」三菱一号館美術館
「上野リチ:ウィーンから来たデザイン・ファンタジー」三菱一号館美術館

フェリーツェ・リックス(後の上野リチ|1893-1967)は19世紀末のウィーンに生まれました。彼女はウィーン工芸学校で先進的なデザインを生み出したウィーン工房のヨーゼフ・ホフマンらに師事、早くから才能を開花させ、工房の一員として頭角を現します。現地に留学中の建築家・上野伊三郎と出会って結婚し来日、第二次世界大戦前は京都とウィーンを往来して活動を続け、戦後は京都で主に教育者として後進の指導にあたりました。
本展では、二つの街でデザイナーとして活躍した上野リチの多彩で魅力溢れるデザイン世界の全貌を、関連作家の作品を加えた約250点で紹介します。オーストリア応用芸術博物館(ウィーン)、クーパー・ヒューイットスミソニアン・デザインミュージアム(ニューヨーク)、京都国立近代美術館など、国内外から作品が集結する世界初の包括的回顧展です。

《プリント服地:野菜》1955年頃[1987年再製作]京都国立近代美術館
《プリント服地:野菜》1955年頃[1987年再製作]京都国立近代美術館
《ウィーン工房テキスタイル・デザイン:紫カーネーション》1924年
《ウィーン工房テキスタイル・デザイン:紫カーネーション》1924年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る