アートラボ2021第Ⅰ期「光島貴之展 でこ・ぼこ・ながの」長野県立美術館

アートラボ2021第Ⅰ期「光島貴之展 でこ・ぼこ・ながの」長野県立美術館

名称:アートラボ2021第Ⅰ期「光島貴之展 でこ・ぼこ・ながの」長野県立美術館
会期:2021年8月28日(土)~ 2021年10月26日(火)
休館日:水曜日(祝日の場合は翌日)
開館時間:9:00~17:00(展示室入場は 16:30 まで)
観覧料:無料
会場:アートラボ
主催:長野県、長野県立美術館
住所:〒380-0801長野県長野市箱清水1-4-4(善光寺東隣)
TEL:026-232-0052
URL:長野県立美術館

長野県立美術館本館2階の「アートラボ」は、視覚以外の感覚も使った鑑賞が可能な「ラボラトリー(実験室)」となることを目指しています。2021年度の第Ⅰ期展覧会では、光島貴之を紹介します。

2019年にアートラボで展示するためのふれる美術作品の依頼を受けた光島は、2度、長野への取材旅行を行いました。触れて感じる世界はどのような世界でしょうか。触れながら、時には目を閉じて、作家が聞いた音や食べ物の味わいに思いを馳せて、お楽しみください。
展示作品
・光島貴之《まち歩き―善光寺参道から信濃美術館へ》
・光島貴之《触覚でめぐる360度》

光島貴之 略歴
美術家・鍼灸師。10歳頃失明。触覚による表現方法を模索し美術作品を発表。触覚に着目したワークショップにも取り組んでいる。
 1954年  京都府生まれ
 1992年~ 粘土造形制作開始
 1995年~ 「さわる絵画」制作開始
 1998年  「’98アートパラリンピック長野」大賞・銀賞受賞
 2020年  “アトリエみつしま”を設立し、スタッフとともに作品制作やワークショップ等を精力的におこなっている

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る