「清水久和のデザイン」長崎県美術館

「清水久和のデザイン」長崎県美術館

名称:「清水久和のデザイン」長崎県美術館
会期:2021年09月15日(水) ~ 2021年11月21日(日)
開館時間:10:00~20:00(最終入場19:30)
休館日:9月27日、10月11日、25日、11月8日 いずれも月曜日
会場:常設展示室 第4室
観覧料:
  一般 420(340)円
  大学生・70歳以上 310(250)円
  小中高生 210(170)円 ※県内在住の小・中学生は無料
  ◎( )内は15名以上の団体料金。
主催:長崎県、長崎県美術館
特別協力:S&O DESIGN株式会社
協力:株式会社いさみや、株式会社イービーエム、キヤノン株式会社、コクヨ株式会社、株式会社資生堂、株式会社天童木工、象印マホービン株式会社、株式会社中善、株式会社日本ベネックス、株式会社ノリタケカンパニーリミテド、日立グローバルライフソリューションズ株式会社、株式会社日立ドキュメントソリューションズ、富士フイルム株式会社、リヤドロジャパン株式会社、Galerie Downtown、Galerie VIVID
住所:〒850-0862長崎県長崎市出島町2-1
TEL:095-833-2110
URL:長崎県美術館

長崎県出身のプロダクトデザイナー・清水久和(1964-)。その作品は、私たちの共通認識や記憶にゆさぶりをかけ、日々の生活に発見や喜びをもたらす力に溢れています。本展では、長崎県美術館、作家、企業等が所蔵する、清水のこれまでの代表作(家具、家電、日用品など)を展示します。また、日常の取るに足りない物の魅力に光を当てるデザインリサーチ活動「愛のバッドデザイン」や新しい3Dデザイン手法「コンティニュアスデザイン」といった、デザインの根底にある独自の思考や手法等についてもご紹介します。

《作家メッセージ》
私は、立体物のデザインを行うプロダクトデザイナーです。故郷の長崎で展覧会を行う機会をいただき、30年余りの代表作を一堂に展示します。キヤノン時代にデザインしたデジタルカメラ「IXY」や長崎県美術館所蔵の「チューチューシャンデリア」など、量産品から一点物のデザインまでの幅広い作品群は、長崎のみなさんが楽しめる展覧会になります。長崎で生まれ育ち、幼少の頃の記憶を大切にする私が作った作品たちです。長崎の人たちが楽しめないはずはありません。私たちの日常にある物たちも、色んな面白いものがあるんだな。と、感じていただけたら幸いです。

清水久和(しみずひさかず) / プロダクトデザイナー(S&O DESIGN)東京都在住
清水久和(しみずひさかず) / プロダクトデザイナー(S&O DESIGN)東京都在住

清水久和(しみずひさかず) /
プロダクトデザイナー(S&O DESIGN)東京都在住
1964年 長崎県諫早市生まれ
1982年 長崎日本大学高等学校 産業デザイン科卒業
1984年 桑沢デザイン研究所 インダストリアルデザイン科卒業
1989年 キヤノン株式会社入社
1998年 SABO STUDIO活動開始
2011年 桑沢デザイン研究所非常勤講師
2012年 S&O DESIGN株式会社設立
2014年 東京芸術大学非常勤講師

清水久和「IXY 410F」 キヤノン 2011
清水久和「IXY 410F」 キヤノン 2011
清水久和×天童木工「ラケットチェア」2015
清水久和×天童木工「ラケットチェア」2015
清水久和×ノリタケ カンパニーリミテド「コンポート」「ティー カップ&ソーサー」2015
清水久和×ノリタケ カンパニーリミテド「コンポート」「ティー カップ&ソーサー」2015
清水久和×コクヨ「ハサミ」2015
清水久和×コクヨ「ハサミ」2015
清水久和「フルーツ・テーブル・ランプ」2011
清水久和「フルーツ・テーブル・ランプ」2011

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る