塔本シスコ展「シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記」世田谷美術館

塔本シスコ展「シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記」世田谷美術館

名称:塔本シスコ展「シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記」世田谷美術館
会期:2021年9月4日(土)~11月7日(日)
開館時間:10:00~18:00(最終入場は17:30まで)
休館日:毎週月曜日 ただし9月20日(月・祝)は開館、翌9月21日(火)は休館
会場:世田谷美術館 1階展示室
料金:一般 1000円/65歳以上 800円/大高生 800円/中小生 500円
住所:〒157-0075東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
URL:世田谷美術館

塔本シスコ展「シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記」世田谷美術館
塔本シスコ展「シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記」世田谷美術館

50代から独学で油絵を始め、自宅の四畳半の一室をアトリエに、自由奔放に描いた塔本シスコ(1913–2005)。人生を丸ごと絵日記に描き出すかのごとく、日々の暮らしを題材に、キャンバスのみならず、空箱やガラス瓶、はてはしゃもじにまで、身の回りのあらゆるものに、よろこびあふれる創造のエネルギーを発散しつづけました。本展では約200点の作品をとおして、ありのままに、自分らしく描きつづけた、塔本シスコの自由な創作の世界をご紹介します。

塔本シスコ《秋の庭》1967年 世田谷美術館蔵
塔本シスコ《秋の庭》1967年 世田谷美術館蔵

塔本シスコさんってどんな人?
塔本シスコは、1913(大正2)年、現在の熊本県八代(やつしろ)市に生まれました。養父の傳八は、自身のサンフランシスコ行きの夢を託し、長女である彼女をシスコと命名しました。
1933年、20歳の時に塔本末藏と結婚し、ウサギやチャボなどを飼い、愛育しました。その後、一男一女を得て、子どもたちと一緒にスケッチをしたり、スズムシ、金魚などを飼う日々を過ごします。
1959年に夫が急逝し、しばらくは体調不良のために静養の日々が続きました。1961年、48歳の時には脳溢血に倒れ、このリハビリテーションのために、石を彫りはじめ、1966年、53歳のある日から、大きなキャンバスに油絵を描き始めます。身のまわりの植物、愛育している金魚などをモティーフとして、絵画表現の既成概念にと
らわれない、世界を創り始めます。
1970年には、長男で画家の賢一と同居するために、大阪に移住しますが、制作はますます旺盛さを増します。シスコの絵画世界は、何ものにもとらわれない、彼女の胸中に宿る喜びや夢があふれ出てくるもので、時空を飛び越え、しばしば、子どもの頃の想い出もモティーフとなって現れ、身近な親族や、散歩でよく会う名もしらぬ人までが登場してきます。
2001年には貧血で倒れたことをきっかけに、認知症を発症しますが、「私は死ぬまで絵ば描きましょうたい」と、亡くなる前年の2004年まで制作は続きました。生涯にわたって、少女のような純粋さを保ち、自身の喜びと夢を制作の源泉にしていた塔本シスコは、2005(平成17)年に91歳の人生をとじました。

塔本シスコ《もらったラン、もらったシクラメン》1996年 個人蔵
塔本シスコ《もらったラン、もらったシクラメン》1996年 個人蔵
塔本シスコ《モチつきをするウサギとススキ》1998年 個人蔵 撮影:上野則宏
塔本シスコ《モチつきをするウサギとススキ》1998年 個人蔵 撮影:上野則宏

シスコさんは、絵を描くことが大好きな、大正生まれのおばあちゃん。
幼い頃からよく働き、50歳半ばから、大きな絵を描きはじめます。
アトリエは団地の四畳半。
シスコさんの絵は、自由自在。
時間も場所も、どんどんのり越えて広がります。
表現することの自由を私たちに教えてくれるシスコさん。
こんな素敵な絵を描けるなんて!
シスコさんに会いに来てください。
展示室いっぱいにひろがるシスコ・パラダイス!
7つの章で構成された展覧会で、200点を超える作品をご紹介します。
これまで、あまり広く紹介される機会のなかったシスコさんの作品を集め、
かつてない規模で、展覧会を開催します。
本展は、世田谷美術館、熊本市現代美術館、岐阜県美術館、滋賀県立美術館を巡回します。
あっと驚く、シスコさんの作品の一つひとつは、彼女自身の人生絵日記です。

塔本シスコ《枚方総合体育館前のコスモス畑》1996年 個人蔵
塔本シスコ《枚方総合体育館前のコスモス畑》1996年 個人蔵
塔本シスコ《桜島》1970-1988年 個人蔵
塔本シスコ《桜島》1970-1988年 個人蔵
塔本シスコ《さようなら長野オリンピック》1998年 個人蔵
塔本シスコ《さようなら長野オリンピック》1998年 個人蔵
塔本シスコ《絵を描く私》1993年 個人蔵
塔本シスコ《絵を描く私》1993年 個人蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る