市川 透展 VANISHING POINT 「作品は矛盾のないリアリティである

VANISHIMG POINT 「SHELL」 W19.7xD13.1xH10.6cm

名称:市川 透展 VANISHING POINT 「作品は矛盾のないリアリティである」日本橋高島屋S.C.(本館)
会期:2021年9月29日(水) →10月12日(火)※最終日は午後4時閉場。
会場:本館6階 美術工芸サロン
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:日本橋高島屋S.C.(本館)

市川透氏は1973年東京都に生まれ、2015年に岡山で陶芸家として独立後、精力的に個展、グループ展、アートフェアなど国内外で活躍を続ける気鋭の作家です。 自らの現代的表現を開拓すべく、大胆な造形、絢爛な色彩を豪放かつ繊細に融合させたレボリュ-ショナルな作品を発表し続け、多くの陶芸ファンを魅了。 ヴィヴィッドな梅花皮(かいらぎ)や青磁、煌く結晶釉に金やプラチナで加飾された他に類を見ない作品群は、壮麗さとファッション性を纏い、多面的な魅力を放ちます。
日本橋高島屋では2回目の個展となる今展は、VANISHING POINTと題し、情報が氾濫し、混沌とした時代ともいえる現代において、真実やリアリティは常に自分自身の中にあるという市川氏の想いが反映された新作の展観となります。
ぜひこの機会に市川氏の渾身の新作の数々をご高覧くださいますようご案内申しあげます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る