「PAN- PROJECTS 《The Matter of Facts》」国立新美術館

「PAN- PROJECTS 《The Matter of Facts》」国立新美術館

名称:「PAN- PROJECTS 《The Matter of Facts》」国立新美術館
会期:2021年8月11日(水)~12月20日(月)
日休館:毎週火曜 ※ただし11月23日(火・祝)は開館
公開時間:美術館の開館時間に準ずる
会 場:国立新美術館 1階中央インフォメーション
助 成:公益財団法人 野村財団
協 力:ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
観覧料:無料
住所:〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル
URL:国立新美術館

PAN- PROJECTSは、ロンドンを拠点に活動する八木祐理子、高田一正による建築家ユニットです。これまで場所の持つ固有の文化や歴史を見つめ、複雑に絡み合う要素を大切にし、その調和を試みるプロジェクトを展開してきました。《The Matter of Facts》では、東京都内の公共機関や商業施設で発行された広報物、とりわけコロナ禍で中止・延期となったイベントなどの印刷物を素材として用い、「都市の記憶」として再提示し、国立新美術館の1階中央インフォメーションカウンターと一体化した大型インスタレーションです。事実や事柄(=facts)の伝達手段であり、かつ痕跡でもある大量の印刷物の集積から成る本作は、コロナ禍の「都市の記憶」を留め、私たちが生きる「現在地」を新たに捉えようとする試みです。

Photo: Yuta Sawamura
Photo: Yuta Sawamura

作家プロフィール
PAN- PROJECTSロンドンを拠点にする建築設計事務所。2017年に八木祐理子、高田一正により設立され、ヨーロッパを中心に活動している。多様な社会を尊重し、推し進める建築の在り方を目指す。主なプロジェクトに《Paper Pavilion》(コペンハーゲン、2017)、《The Playhouse》(東京、2020)など。CHART ART FAIR 最優秀賞(2017)、ヴェネツィア・ビエンナーレYEA入賞(2021)、他受賞多数。
https://pan-projects.com/八木祐理子京都工芸繊維大学造形工学課程、同大学院建築学専攻修了。Atelier Lise Juel 勤務を経て、PAN- PROJECTS共同設立。 デンマーク建築家協会登録建築家。高田一正早稲田大学建築学科、デンマーク王立芸術アカデミー修士課程修了後、PAN- PROJECTS共同設立。王立英国建築家協会(RIBA)及びデンマーク建築家協会登録建築家。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る