「本家鍋島緞通展」アートスペース余花庵

「本家鍋島緞通展」アートスペース余花庵

名称:「本家鍋島緞通展」アートスペース余花庵
会期:2021/09/28(火) 〜 2021/10/03(日)
会場:アートスペース余花庵
時間:10:30~20:30(最終日は17:00まで)
料金:無料
住所:〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
TEL:075-212-9793
URL:アートスペース余花庵

江戸時代から佐賀県の伝統工芸品として受け継がれてきた鍋島緞通。その創業家である吉島伸一鍋島緞通株式会社による展覧会です。
鍋島緞通(なべしまだんつう)は、今からおよそ340年前の江戸時代、寛文12年(1672)から元禄元年(1688)ごろに中国から伝わり、以来佐賀を代表する工芸品として生産されてきました。 佐賀藩か将軍家への献上品ともなり、江戸時代は一般への売買は禁止されていました。明治以降は一般にも販売されるようになり、国内外の博覧会にも出品しさまざまな賞を受賞するなど、名声が高まり「鍋島緞通」の名称が定着しました。毛足の長いやわらかい風合いが特徴の織物で、その技法や素材、図案などは後に他地域で生産された緞通にも影響を与えたといわれます。この機会にご高覧ください。

鍋島緞通創業家として、百年を超える歴史と伝統を正統に継承すると共に代々後世に敷き継がれるようさらなる革新を目指し、本家鍋島緞通ならではの緞通美の世界を追求してまいります。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。(吉島伸一鍋島緞通株式会社)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る