「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱」アサヒビール大山崎山荘美術館

「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱」アサヒビール大山崎山荘美術館

名称:「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱」アサヒビール大山崎山荘美術館
会期:2024年3月9日(土)-5月12日(日)
休館日:2024年3月11日、4月8日、4月15日、4月22日(月)
    4月30日、5月7日(火)
主催:アサヒグループ大山崎山荘美術館
入館料:一般1,100円(1,000円)
    高大生500円(400円)
    中学生以下無料
    障害者手帳をお持ちの方300円
    ※( )内は 20名以上の団体の場合
    ※価格は全て税込表示です
後援:京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、NHK京都放送局、京都新聞、エフエム京都
住所:〒618-0071京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
TEL:075-957-3123
URL:アサヒビール大山崎山荘美術館

「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱」アサヒビール大山崎山荘美術館
「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱」アサヒビール大山崎山荘美術館

アサヒグループ大山崎山荘美術館は、2024年3月9日(土)から5月12日(日)まで、企画展「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘―大大阪だいおおさか時代を生きた男の情熱」を開催いたします。
2024年は、大山崎山荘を造った加賀正太郎(1888-1954)が66歳で没してから70年にあたります。彼は近世から近代にわたり経済の中心地として発展した船場(現在の大阪市中央区の一角)に生まれ、大大阪時代のただなかで活躍した実業家でした。その業績のひとつに、ニッカウヰスキーの前身である大日本果汁株式会社設立への貢献があげられますが、奇しくも本年はニッカウヰスキー創立から90年を迎える年でもあります。
本展では、加賀正太郎の足跡をたどるとともに、彼が後世に残した貴重な財産である大山崎山荘と『蘭花譜』を広く紹介します。『蘭花譜』(1946年発行)とは、加賀正太郎が自ら育てた蘭をモチーフに監修・制作した木版画83点、カラー図版14点、単色写真図版7点の104点で構成される植物図譜です。なかでも木版画の美しい色彩や技法は、美術品としても高い評価を得ています。
若き実業家が大山崎の地に咲き誇らせた、蘭と文化の香りに思いをはせるとともに、大大阪と呼ばれた時代のダイナミズムを感じてください。
展示構成
加賀正太郎と大山崎山荘
大山崎山荘を訪れた人々
大山崎山荘の肖像
加賀正太郎の挑戦
~百花繚’蘭’~『蘭花譜』の世界
ニッカウヰスキー90周年記念コーナー

「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱」アサヒビール大山崎山荘美術館
「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱」アサヒビール大山崎山荘美術館
『蘭花譜』No.40 パフィオペディルム・キング・アルバート 当館蔵
『蘭花譜』No.40 パフィオペディルム・キング・アルバート 当館蔵
『蘭花譜』No.72 レリオカトレヤ・ペレウス‘オオヤマザキ’ 当館蔵
『蘭花譜』No.72 レリオカトレヤ・ペレウス‘オオヤマザキ’ 当館蔵
中村清太郎「大山崎山荘図会」(1932年)当館蔵
中村清太郎「大山崎山荘図会」(1932年)当館蔵
『茨木カンツリー倶楽部10周年記念誌』(1934年発行)より
『茨木カンツリー倶楽部10周年記念誌』(1934年発行)より

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る