古寺巡礼 京都/土門拳が撮った藤田嗣治「猫と女とモンパルナス」土門拳記念館

三十三間堂内陣雷神像面相

名称:古寺巡礼 京都/土門拳が撮った藤田嗣治「猫と女とモンパルナス」土門拳記念館
会期:2021年10月6日(水)~12月22日(水)
観覧料金:当日一般900円
休館日:12月6日、12月13日、12月20日
住所:〒998-0055山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)
TEL:0234-31-0028
URL:土門拳記念館

制作する
制作する

カラー・モノクロ 56点(古寺巡礼)/ モノクロ 24点(藤田嗣治)
 古寺巡礼は土門拳のライフワークです。土門は全国の仏像を撮り歩きましたが、本展では京都の寺院で撮影された作品を展示します。平等院や神護寺、三十三間堂、西芳寺など、京都の名刹を土門の写真でお楽しみいただけます。
 没後50年以上を経た今もなお、国内外で根強い人気を誇る画家・藤田嗣治。土門は戦前、ヨーロッパに渡る前の藤田の姿をたびたびカメラに収めていました。近年ではその写真が手掛かりとなって、藤田の画報の”秘密”が明らかになったことも。酒田市美術館で11月から開催される展覧会「池袋モンパルナスー画家たちの交差点ー」と併せて、昭和の洋画史をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る