特別展「家族の肖像 石井ふく子のホームドラマ」早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館

特別展「家族の肖像 石井ふく子のホームドラマ」早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館

名称:特別展「家族の肖像 石井ふく子のホームドラマ」早稲田大学演劇博物館
会期:2021年10月11日(月)〜2022年1月23日(日)
開館時間:10:00~17:00(火・金曜日は19:00まで)
料金:無料
休館日:10月27日(水)、11月5日(金)〜7日(日)、17日(水)、23日(火・祝)、12月8日(水)、12月23日(木)~2022年1月5日(水)、10日(月・祝)
会場:早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館
住所:〒169-8050東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学内
TEL:03-5286-1829
URL:早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館

『ありがとう』🄫TBS
『ありがとう』🄫TBS
東芝日曜劇場『おんなの家』🄫TBS
東芝日曜劇場『おんなの家』🄫TBS
左:『ありがとう』台本(1972年)🄫TBS 中央:東芝日曜劇場『おんなの家』台本(1974年)🄫TBS 右:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』企画書(2000年)橋田文化財団所蔵
左:『ありがとう』台本(1972年)🄫TBS
中央:東芝日曜劇場『おんなの家』台本(1974年)🄫TBS
右:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』企画書(2000年)橋田文化財団所蔵
『あにいもうと』🄫TBS
『あにいもうと』🄫TBS

本展では、テレビ草創期から日本のホームドラマの歴史を創ってきたプロデューサー・石井ふく子氏の仕事に焦点を当て、氏が手がけてきたホームドラマを、台本やスチル写真、映像などの諸資料を通じて振り返ります。石井氏は『カミさんと私』、『女と味噌汁』、『肝っ玉かあさん』、『ありがとう』、『おんなの家』といった大ヒットドラマをプロデュースし、日本の家族イメージの形成に多大な影響を与えてきました。
本展の中心となるのは、石井氏が脚本家・橋田壽賀子氏と作り上げたシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』の関連資料です。会場では、懐かしいドラマ映像や石井氏のインタビュー動画(早稲田大学国際情報通信研究センター制作)に加えて、『渡る世間は鬼ばかり』でナレーションを務めた石坂浩二氏と、同作品に子役時代から出演し続けたえなりかずき氏のインタビュー動画も上映します。
現在もプロデューサーとして活動を続けている石井氏は、長年にわたりテレビのなかで「家族の肖像」を描いてきました。家族のかたちが多様化している今、本展が家族とは何かを改めて問い直すきっかけとなれば幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る