「第20回 現美墨象展」福岡アジア美術館

「第20回 現美墨象展」福岡アジア美術館

名称:「第20回 現美墨象展」福岡アジア美術館
会期:2021年11月18日 (木) 〜 2021年11月23日 (火)
会場:企画ギャラリーA・B
観覧料:無料
主催:現美書芸院
住所:〒812-0027福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7/8F
TEL:092-263-1100・FAX:092-263-1105
URL:福岡アジア美術館

「第20回 現美墨象展」福岡アジア美術館
「第20回 現美墨象展」福岡アジア美術館

我々は書をアートの一環として捉え、常に「脱皮と創造」を基盤に書の抽象作品「墨象」を発表し、書の国際化を進めて参りました。
当院代表の松田朴伝は50年程前から欧米アジア各国の美術家との交流を体感し、墨象の造形美・精神性を紹介する等、新しい書の可能性を追求し続けています。
本展の作品傾向としては、墨による造形は勿論、絵画的な作品や半立体など多種多様でアートの垣根を超えた作品を展示します。

「第20回 現美墨象展」福岡アジア美術館
「第20回 現美墨象展」福岡アジア美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る