企画展「ラムサール条約登録30年 ウトナイ湖・うつりゆく自然とその未来」苫小牧市美術博物館

企画展「ラムサール条約登録30年 ウトナイ湖・うつりゆく自然とその未来」苫小牧市美術博物館

名称:企画展「ラムサール条約登録30年 ウトナイ湖・うつりゆく自然とその未来」苫小牧市美術博物館
会期:令和3年10月9日(土)~12月12日(日)
休館日:月曜日
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
会場:苫小牧市美術博物館 第1展示室、第2展示室
主催:苫小牧市美術博物館
協力:(公財)日本野鳥の会 ウトナイ湖サンクチュアリ、北海道大学植物園・博物館、北海道博物館、CISEネットワーク
後援:苫小牧信用金庫、北海道新聞苫小牧支社、株式会社苫小牧民報社、株式会社三星、北海道胆振総合振興局室蘭建設管理部
観覧料:一般300(240)円、高大生200(140)円、中学生以下無料
  ※11月3日(水・祝)は無料観覧日
  ※( )内は10名以上の団体料金
住所:〒053-0011北海道苫小牧市末広町3-9-7
TEL:0144-35-2550
URL:苫小牧市美術博物館

企画展「ラムサール条約登録30年 ウトナイ湖・うつりゆく自然とその未来」苫小牧市美術博物館
企画展「ラムサール条約登録30年 ウトナイ湖・うつりゆく自然とその未来」苫小牧市美術博物館

渡り鳥の重要な生息地である「ウトナイ湖」が、湿地を保全する国際条約「ラムサール条約」に登録されて30年。今でも豊かな自然環境が残っていると思われているウトナイ湖ですが、その状況は常に変化しています。
本展では生き物の標本や映像などを通して、ウトナイ湖の自然のすばらしさを伝えるとともに、自然や人のうつり変わりについて紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る