「香月泰男展-生誕110年」新潟市美術館

《ハムとトマト》1953年、香月泰男美術館

名称:「香月泰男展-生誕110年」新潟市美術館
開催期間:2021年11月27日(土)から2022年01月23日(日)まで
休館日:月曜(2022年1月10日は開館)、12月28日(火)~1月2日(日)
時間:午前9時30分~午後5時
会場:新潟市美術館 企画展示室
観覧料:一般当日1,000円
住所:〒951-8556新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
TEL:025-223-1622
URL:新潟市美術館

《北へ西へ》1959年、山口県立美術館[シベリア・シリーズ]
《北へ西へ》1959年、山口県立美術館[シベリア・シリーズ]

太平洋戦争と抑留の体験を描いた「シベリア・シリーズ」で知られる画家・香月泰男(1911-74)の新潟初の大規模回顧展。ゴッホや梅原龍三郎に傾倒した初期作品。過酷な記憶の結晶であるとともに、造形的実験の場でもあった「シリーズ」全57 点。温かな眼差しで家族の日常を描いた油彩画、素描など約150 点で創作の全容を紹介します。

《兎》1939年、香月泰男美術館
《兎》1939年、香月泰男美術館
3 / 8 《埋葬》1948年、山口県立美術館[シベリア・シリーズ]
《埋葬》1948年、山口県立美術館[シベリア・シリーズ]
《駄々子》1968年、香月泰男美術館
《駄々子》1968年、香月泰男美術館
《公園雪》1971年、島川美術館
《公園雪》1971年、島川美術館
《青の太陽》1969年、山口県立美術館[シベリア・シリーズ]
《青の太陽》1969年、山口県立美術館[シベリア・シリーズ]
香月泰男(1958~60年頃)
香月泰男(1958~60年頃)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る