「第11回 出嶋 正樹 作陶展」京王百貨店新宿店

花器

名称:「第11回 出嶋 正樹 作陶展」京王百貨店新宿店
会期:11月11日(木)→17日(水)※最終日は午後3時まで
場所:京王ギャラリー
住所:〒160-8321東京都新宿区西新宿1-1-4
TEL: 03(3342)2111
URL: 京王百貨店新宿店

青ソーダや白ソーダ、鐡ソーダを中心に皿、鉢や酒器、花器などなど150余点を展覧即売いたします。ロンドンにてソーダ焼成を学び、こだわりの土で制作した作品をお楽しみください。

ソーダ釉は焚いている窯に直接重曹を投入し、含有するナトリウムを器面に積層させ、それを溶融することで釉薬となす技法です。6年前にイギリスで学んだこの変化に富んだ技法を、帰国後すぐ築窯して取り組んできました。今夏、新たなソーダ窯を築窯し、本展ではその初窯の品を含め、花器、食器を中心に展覧いたします。ぜひご高覧いただければ幸いです。 出嶋 正樹
【略歴】
1978年:広島県広島市に生まれる
2000年:創価大学経済学部経済学科を卒業
2004年:京都府立陶工高等技術専門学校に入学
2005年:陶芸家 松崎健に師事
2011年:京王百貨店にて卒業展(以降毎年個展を開催)
2012年:広島県廿日市市にて独立、在住
2013年:第88回国展 入選
2015年:益子国際交流協会 海外派遣事業にてロンドンへ
同年 ソーダ釉専用窯を築窯

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る