「かな書三代展」京王百貨店新宿店

日比野 五鳳 「共にさく」 絶筆 軸装 堤 雅鳳 「ゆく水に」 軸装 碇 麗水「福あかり」 額装

名称:「かな書三代展」京王百貨店新宿店
会期:11月11日(木)→17日(水)※最終日は午後3時まで
場所:京王ギャラリー
住所:〒160-8321東京都新宿区西新宿1-1-4
TEL: 03(3342)2111
URL: 京王百貨店新宿店

日本の美、かな書。
受け継がれる、なか書は日本独自の文字として日本の文化を傅え、またわび・さび・みやびを表現する作品です。昭和のかな書を創造した書聖の日比野五鳳、その高弟の堤雅鳳、その高弟の碇麗水の芸術作品をどうぞご高覧ください。

【略歴】
<日比野 五鳳>
明治34年(1901年)ー昭和60年(1985年)
●岐阜県に生まれる
●大野百錬に師事
●日本芸術院会員 文化功労者
●書道研究 水穂会 創立
<堤 雅鳳>
大正14年(1925年)ー令和2年(2020年)
●京都府に生まれる
●日比野五鳳に師事
●日展会友 水穂会総務
●鳳交会主宰
<碇 麗水>
昭和16年(1941年)-
●福岡県に生まれる
●堤雅鳳に師事
●NHK文化センターかな書道講師
●日本歌人クラブ会員
●短歌文学会「姫由理」編集同人
●麗水書道界主宰

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る