~濃尾地震130年・東南海地震・三河地震~「東海地方を襲った三つの地震」名古屋市港防災センター

~濃尾地震130年・東南海地震・三河地震~「東海地方を襲った三つの地震」名古屋市港防災センター

名称:~濃尾地震130年・東南海地震・三河地震~「東海地方を襲った三つの地震」名古屋市港防災センター
会期:2021年10月26日(火)〜2022年1月30日(日)
開館時間:9:30~16:30
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、次の平日が休館)、第3水曜日
住所:〒455-0018 愛知県名古屋市港区港明一丁目12番20号
TEL:052-651-1100
URL:名古屋市港防災センター

東海地方に甚大な被害をもたらした濃尾地震の発生から、今年で130年の節目を迎えます。濃尾地震の他にも、明治期以降の東海地方は東南海地震、三河地震と三つの大きな地震を経験してきました。また近い将来には、南海トラフ巨大地震の発生も危惧されています。
今回の展示では、「濃尾地震」「三河地震」「東南海地震」の三つの地震を写真や解説パネルで紹介します。
過去の災害を知り、いつ起こってもおかしくない巨大地震への備えについて考えましょう。

~濃尾地震130年・東南海地震・三河地震~「東海地方を襲った三つの地震」名古屋市港防災センター
~濃尾地震130年・東南海地震・三河地震~「東海地方を襲った三つの地震」名古屋市港防災センター

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る