「海図150年の歴史―瀬戸内海の海図―」広島市郷土資料館

「海図150年の歴史―瀬戸内海の海図―」広島市郷土資料館

名称:「海図150年の歴史―瀬戸内海の海図―」広島市郷土資料館
会期:10月1日(金)~11月23日(火・祝)※2
   前期:10月 1日~10月24日
   後期:10月26日~11月23日
開館時間:午前9時~午後5時
住所:〒734-0015広島県広島市南区宇品御幸2-6-20
TEL:082-253-6771
URL:広島市郷土資料館

おもな展示内容
海洋情報部の沿革 兵部省海軍部水路局から海上保安庁海洋情報部へ海図の誕生 海図第1号「陸中國釜石港之圖」などの紹介
明治の海図 海図第1号に続いて刊行した海図の紹介
海図展示 前期 広島港、呉港(音戸ノ瀬戸を含む)、早瀬瀬戸、江田内、鹿川港
後期 広島湾、早瀬瀬戸、来島海峡軍事機密海図を含む海図による港の変遷と現在の航空写真で紹介

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る