「奈良教育大学で学んだ書家群像」奈良市杉岡華邨書道美術館

「奈良教育大学で学んだ書家群像」奈良市杉岡華邨書道美術館

名称:「奈良教育大学で学んだ書家群像」奈良市杉岡華邨書道美術館
会期:2021年10月2日(土)~2022年1月10日(祝・月)
観覧料金:一般 300円
休館日:月曜日(祝日の場合最も近い平日)、祝日の翌日(その日が平日である場合)。
  年末年始(12/26~1/5)
住所:〒630-8337 奈良市脇戸町3番地
TEL:0742-24-4111
URL:奈良市杉岡華邨書道美術館

「奈良教育大学で学んだ書家群像」奈良市杉岡華邨書道美術館
「奈良教育大学で学んだ書家群像」奈良市杉岡華邨書道美術館

明治以降、学校教育制度が整備される中で書は実用と芸術の両面から教育として確立され、書壇を代表するような著名な作家が大学など高等教育機関の教壇に立ち、書教育の発展充実に努め、多くの作家を輩出してきました。杉岡華邨もまた昭和23年の大阪第一師範学校勤務以降、昭和53年に大阪教育大学を定年退官するまで長年にわたり教育者として後進の指導に精力を傾けました。
当美術館では、現代書壇において作家の教育に大きな役割を果たしてきた書の専門教育を行ってきた大学に注目し、その大学で書を専門に学び、現在書壇をはじめ各方面で活躍する方々を紹介するシリーズ展を企画いたしました。本展ではそのシリーズ展の第1回目として、奈良教育大学で書を学んだ方々をご紹介いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る