「山本 育子 AND LINKS.bis」GALLERY AND LINKS 81

「山本 育子 AND LINKS.bis」GALLERY AND LINKS 81

名称:「山本 育子 AND LINKS.bis」GALLERY AND LINKS 81
会期:2021年11月22日(Mon)〜11年27日(Sat) 12:30-20:00*
住所:東京都中央区銀座2-14-1シャルル銀座ビル 2F
Tel:03-6263-2563
URL:GALLERY AND LINKS 81 

<Profile>
長野県生まれ
愛知県在住
絵画教室講師2014年 第68回 二紀展 奨励賞
2015年 第12回 春季二紀展
_    第4回 われらの地平線‐いま・新たなる二紀展からの発信‐(日本橋三越本店)
2017年 個展 (THE BLUE-BOX GALLERY 愛知県)
_    グループ展 Infinity 2017 (GALLERY ART POINT 銀座)
2018年 NPO EARTH WORKER ENERGY 天使の森プロジェクト壁画制作 (暮らしの学校 愛知県)
_    New Year Selection 2018 大賞 (GALLERY ART POINT 銀座)
_    第8回 前田青邨記念大賞展
_    グループ展 ドラード10周年記念展 (DORADO GALLERY 早稲田)
2019年 KIZUNA 2019 (GALLERY ART POINT 銀座)
_    グループ展 Infinity 2019 (GALLERY ART POINT 銀座)
2020年 3331 ART FAIR 2020 (3331 Arts Chiyoda)
<Statement>
モチーフそのものが持つ強さだったり美しさだったりが、見る方に静かに伝わるような作品が描ければ良いなと思っています。
じっくり画面と向き合いしつこくしつこく描いていると、モチーフがほんのわずかずつ息づいていく気がします。私は近年、アクリル絵具と日本画の色材を併用することを課題としています。
私は、アクリル絵具(油絵具ではなくて)を使った写実表現にこだわっているのですが、それはアクリル絵具が水溶性なので、他の水溶性の色材と併用可能だからです。画面の中で部分によって使い分けるのか、共に重ねてどちらの特性も活かせる術があるのか…と、相互に引き立てる表現方法を模索している最中です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る