「世界の切手でみるランの物語」沖縄県立博物館・美術館

「世界の切手でみるランの物語」沖縄県立博物館・美術館

名称:「世界の切手でみるランの物語」沖縄県立博物館・美術館
会期:2021年12月14日(火) ~ 2021年12月26日(日)
場所:県民ギャラリー1,県民ギャラリー2
観覧料:無料
開館時間:9:00~18:00(金・土は20:00まで)
休館日:12月20日(月)
主催:一般財団法人 沖縄美ら島財団
共催:日本郵便株式会社沖縄支社
協力:沖縄県立博物館・美術館、国立印刷局お札と切手の博物館、琉球大学博物館(風樹館)、東北大学植物園、沖縄県蘭協会
後援:沖縄県教育委員会、世界自然遺産推進共同企業体、琉球放送、琉球朝日放送、沖縄テレビ放送、NHK沖縄放送局、沖縄タイムス社、琉球新報社、エフエム沖縄、ラジオ沖縄
住所:〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
代表 Tel:098-941-8200 Fax:098-941-2392
URL:沖縄県立博物館・美術館

「世界の切手でみるランの物語」沖縄県立博物館・美術館
「世界の切手でみるランの物語」沖縄県立博物館・美術館

―小さな芸術品を通して見るランの大きな世界
 ランは地上の植物の中で最も多様化したグループで、その華やかなイメージから、多くの国で切手の題材に取り上げられています。
 本展覧会では、沖縄美ら島財団が所蔵する世界中の植物が描かれた切手のコレクション約10,700点の中からランが描かれた切手を中心に厳選し、ランの進化の歴史や人類との関わりを紹介すると共に、それが切手でどのように取り上げられてきたのかを、様々な切り口で紹介します。また、日本郵便株式会社沖縄支社との共催により、沖縄における郵便事業の歴史をふりかえります。
 切手という「小さな芸術品」から垣間見えるランという植物の大きく多様な世界をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る