「第9回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の〈今〉」菊池寛実記念 智美術館

「第9回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の〈今〉」菊池寛実記念 智美術館

名称:「第9回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の〈今〉」菊池寛実記念 智美術館
会期:2021年12月11日(土)~ 2022年3月21日(月・祝)
休館日:毎週月曜日(ただし1/10、3/21は開館)、1/11(火)
年末年始:12/27(月)~2022年1月3日(月)
開館時間:11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料:一般1100円、大学生800円、小・中・高生500円
  ※未就学児は無料
ぐるっとパス:ぐるっとパス参加館
主催:公益財団法人 菊池美術財団、日本経済新聞社
住所:〒105-0001東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
TEL:03-5733-5131
URL:菊池寛実記念 智美術館

大賞:猪倉髙志《線を解き放つ》高 41.8×幅 24.2×奥行 24.2 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸
大賞:猪倉髙志《線を解き放つ》高 41.8×幅 24.2×奥行 24.2 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸

菊池ビエンナーレは、現代陶芸の振興を目的に当館が2004年度から隔年で開催している公募展です。現代陶芸の「今」とその可能性を探るべく回を重ね、今回で9回目を迎えます。本公募展では、当館が委嘱した審査員が、作品画像による第一次審査と作品実見による第二次審査を行い、入賞および入選作品を選出し、一堂に展示いたします。陶芸作品の多様な広がりをお楽しみください。

優秀賞:梅本孝征《色絵流加彩昇落器》高 17.8×幅 44.5×奥行 44.5 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸
優秀賞:梅本孝征《色絵流加彩昇落器》高 17.8×幅 44.5×奥行 44.5 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸
奨励賞:津金日人夢《青瓷平壷-水天彷彿-》高 18.5×幅 41.0×奥行 41.0 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸
奨励賞:津金日人夢《青瓷平壷-水天彷彿-》高 18.5×幅 41.0×奥行 41.0 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸
奨励賞:中里浩子《はなもよう》高 27.0×幅 48.0×奥行 34.0 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸
奨励賞:中里浩子《はなもよう》高 27.0×幅 48.0×奥行 34.0 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸
奨励賞:原田雅子《ながるる》高 62.0×幅 50.0×奥行 48.0 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸
奨励賞:原田雅子《ながるる》高 62.0×幅 50.0×奥行 48.0 cm 撮影:尾見重治、大塚敏幸

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る