博物館・図書館連携企画展「今よみがえる近世の庄屋 花村家のくらしをたどる」岐阜県博物館

博物館・図書館連携企画展「今よみがえる近世の庄屋 花村家のくらしをたどる」岐阜県博物館

名称:博物館・図書館連携企画展「今よみがえる近世の庄屋 花村家のくらしをたどる」岐阜県博物館
会期:2021年12月21日(火)〜2022年2月15日(火)
開館時間:9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
料金:無料
休館日:毎週月曜日、年末年始、2021/1/11(火) ※ただし2021/1/10(月・祝)は開館
住所:〒501-3941 岐阜県関市小屋名1989 (岐阜県百年公園内)
TEL:0575-28-3111
URL:岐阜県博物館

博物館・図書館連携企画展「今よみがえる近世の庄屋 花村家のくらしをたどる」岐阜県博物館
博物館・図書館連携企画展「今よみがえる近世の庄屋 花村家のくらしをたどる」岐阜県博物館

岐阜県歴史資料館との連携事業です。
花村家は美濃国羽栗郡本郷村(現羽島市福寿町本郷)に所在した旧家で、当代になってから他県に転出され、屋敷や地所もなくなってしまいましたが、幸い、同家に伝わった文書や道具類は大切に保管され、そのうち文書群は岐阜県歴史資料館に寄贈・寄託されています。
本展では、花村家伝世の文書と道具類の一部を展示公開します。庄屋であった花村家で用いられた什器類の中には、廃絶した講行事用具や優れた陶磁器などを含み、村の拠り所であった往時の暮らしを偲ばせます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る