[廣瀬 義之 福春のおもてなし」日本橋高島屋S.C.(本館)

色絵野葡萄に翡翠文酒器セット「色絵野葡萄に翡翠文注酒」H22×W14×D10cm、「色絵野葡萄に翡翠文酒盃」H4×W8.5cm

名称:[廣瀬 義之 福春のおもてなし」日本橋高島屋S.C.(本館)
会期:12月22日(水)→30日(木)※最終日は午後4時閉場。
場所:本館6階 美術画廊
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:日本橋高島屋S.C.(本館)

1954年栃木県生まれ、1980年東京藝術大学工芸科卒業。廣瀬氏は、人間国宝であった故・藤本能道氏の晩年の内弟子として、師の最も爛熟期に精神と技を学んだ色絵磁器作家です。
師亡き後の工房を継承し、青梅の豊かな自然の草木を題材に、卓越した描写力と構成力で活き活きと描いた色絵作品を精力的に制作しています。また、近年では作品の一部に陶彫を加えるなど、立体的な作品を発表し一層作域を拡げています。
「福春のおもてなし」と題した今展では、お正月をテーマに縁起のよいモチーフを施した作品や、二段重、酒器など迎春にちなんだ新シリーズを中心とした約60点の新作を発表いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る