「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」国立科学博物館

「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」国立科学博物館

名称:「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」国立科学博物館
会期:2021年12月14日(火)〜2022年2月27日(日)
開館時間:9:00~17:00
  ※入館は閉館時刻の30分前まで
料金:一般・大学生630円(団体510円)(税込)
   ※常設展示入館料のみでご覧いただけます。
   ※団体は20名以上。
   ※高校生以下および65歳以上は無料。
休館日:月曜日、12月28日(火)~1月1日(土・祝) ※ただし12月27日(月)、1月3日(月)・10日(月・祝)は開館
住所:〒110-8718東京都台東区上野公園7-20
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:国立科学博物館

「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」国立科学博物館
「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」国立科学博物館

日本列島は、豊富な固有種をはじめとする特徴的な生物相が見られる地域です。
一方で、現在では多くの種が絶滅の一歩手前の危機的状況にあり、中には既に絶滅してしまった種も存在します。
標本などのコレクションが、日本の生物多様性の変遷と現状の把握、さらには実際の種の保全に対してどのように貢献しているのか、貴重な標本や関連資料の展示の中から「発見」していただくことを目指した企画展です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る