「小惑星探査機「はやぶさ2」帰還カプセル特別公開」福岡市科学館

「小惑星探査機「はやぶさ2」帰還カプセル特別公開」福岡市科学館

名称:「小惑星探査機「はやぶさ2」帰還カプセル特別公開」福岡市科学館
会期:2022年1月28日(金)〜2月1日(火)
開館時間:2021年12月15日(水)お昼12時~HPより事前申込制(先着順)で受付します。
  ※通常、毎週火曜日は休館日ですが、2022年2月1日(火)は開館し、2月2日(水)は休館します。
  ①  9:40~10:00
  ② 10:10~10:30
  ③ 10:40〜11:00
  ④ 11:10~11:30
  ⑤ 11:40〜12:00
  ⑥ 12:10~12:30
  ⑦ 12:40〜13:00
  ⑧ 13:10~13:30
  ⑨ 13:40〜14:00
  ⑩ 14:10~14:30
  ⑪ 14:40〜15:00
  ⑫ 15:40~16:00
  ⑬ 16:10〜16:30
  ⑭ 16:40~17:00
  ⑮ 17:10〜17:30
  ⑯ 17:40~18:00
  ⑰ 18:10〜18:30
  ⑱ 18:40~19:00
  ⑲ 19:10〜19:30
  ⑳ 19:40~20:00
  ※ 2022年1月28日~2月1日の福岡市科学館の開館時間 9:30〜20:00
料金:無料
住所:〒810-0044福岡県福岡市中央区六本松4-2-1
TEL:092-731-2525
URL:福岡市科学館

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」は、打ち上げから6年、約52億kmにわたる宇宙の旅を経て、小惑星リュウグウで採取したサンプルが入った帰還カプセルを2020年12月6日にオーストラリアの砂漠に着陸させました。
この貴重なサンプルから、地球が生命惑星となったプロセスの解析に向けて、現在分析が進められています。
福岡市科学館では、このような価値の高いサンプルを無事地球へ届けた「はやぶさ2」の帰還カプセルを特別に展示します。6年、約52億kmにわたる壮大な旅を経て、地球に帰還したカプセルの勇姿を、この機会にぜひご覧ください!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  3. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
ページ上部へ戻る