館蔵品展「昔の道具とくらし」高岡市立博物館

館蔵品展「昔の道具とくらし」高岡市立博物館

名称:館蔵品展「昔の道具とくらし」高岡市立博物館
会期:2022年2月5日(土)~3月31日(木)(次年度まで継続開催)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:新館企画展示室
入館料:無料
休館日:月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)
住所:〒933-0044富山県高岡市古城1-5
TEL:0766-20-1572
URL:高岡市立博物館

当館では長く後世に高岡の歴史文化を伝えるために、日頃、郷土の歴史・民俗・伝統産業などに関わるさまざまな資料を収集しています。収集したそれらの資料は調査・整理し、適切に保存・管理して、その成果を展示や教育普及(講演・講座など)、情報公開などに幅広く活用しています。
 本展では、当館が収蔵する衣・食・住をはじめとした古い生活道具類「民具」に焦点をあて、それぞれの民具がもつ歴史や用途に加え、その時代を生き抜いた人々の暮らしぶりについて展示・紹介します。明治・大正・昭和・平成と時代が進むにつれ、私たちの生活様式も大きく変化してきました。そうした変化を、民具をとおして当時の生活を再発見していただく機会になればと考えております。
☆今回の特集コーナーは「双六・見立番付」です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る