「個性きらめく富山の女性作家たち 展」高志の国文学館

「個性きらめく富山の女性作家たち 展」高志の国文学館

名称:「個性きらめく富山の女性作家たち 展」高志の国文学館
会期:第1期:令和4年1月16日(日)~3月21日(月・祝)
   第2期:令和4年3月30日(水)~6月6日(月)
開館時間:9:30~18:00(観覧受付は17:30まで)
休館日:毎週火曜日、2月14日(月)、2月24日(木)、5月6日(金)
  ※5月3日(火・祝)は開館
観覧料:一般400円(320円)、大学生200円(160円)
  ※( )内は20人以上の団体料金。企画展観覧券で常設展もご覧いただけます。
  ※小・中・高校生及びこれに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料。
住所:〒930-0095富山県富山市舟橋南町2-22
TEL:076-431-5492
URL:高志の国文学館

「個性きらめく富山の女性作家たち 展」高志の国文学館
「個性きらめく富山の女性作家たち 展」高志の国文学館

近代から現代にいたるまで、富山ではさまざまな個性を持った女性作家たちがユニークな女性文学史を形成してきました。本展は会期を第1期・第2期に分け、富山の女性作家たちが作りあげてきた豊かな文学世界を紹介します。
 第1期「時代を切り開く」では、女性の社会進出が十分に進んでいなかった明治・大正・昭和初期の時代から、富山の女性文学発展の礎を築く先駆的な活躍をした作家たち(小寺菊子、富本一枝、澤田はぎ女、方等みゆき)をとりあげます。
 第2期「多彩な活動の展開」では、昭和・平成を中心に幅広いジャンルの作品を発表し、富山の文学界を牽引してきた女性作家たち(野村玉枝、遠藤和子、辺見じゅん、木崎さと子)をとりあげます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る