―北京2022冬季オリンピックに臨むTEAM JAPAN―「東京2020から引き継がれるスポーツの価値」日本オリンピックミュージアム

―北京2022冬季オリンピックに臨むTEAM JAPAN―「東京2020から引き継がれるスポーツの価値」日本オリンピックミュージアム

名称:―北京2022冬季オリンピックに臨むTEAM JAPAN―「東京2020から引き継がれるスポーツの価値」日本オリンピックミュージアム
会期:2022年1月21日(金)〜6月19日(日)
開館時間:10:00~17:00 (最終受付16:30)
料金:一般 500円 / 団体 400円(事前申請必要)
   シルバー 400円(65歳以上:証明書ご提示)
   高校生以下無料(学生証をご提示)
   障がい者 当該者と介添人1名まで無料(障がい者手帳ご提示)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
住所:〒160-0013東京都新宿区霞ヶ丘町4-2 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 1・2階
TEL:03-6910-5561
URL:日本オリンピックミュージアム

史上初の1年延期・無観客となった東京2020大会。大会を通して、出場したアスリートが、純粋に競技に打ち込む姿や勝敗に関わらず対戦した相手をたたえ合う姿、笑顔、涙など、TEAM JAPANが主導するオリンピズム普及の姿に、私たちは様々なスポーツの価値を感じることができました。
来る北京 2022冬季オリンピックにおいても、東京2020大会の流れを引継ぎ、オリンピックの舞台に挑むアスリートが、自らの限界にチャレンジし、最高のパフォーマンスの後に生まれる笑顔が、応援する私たちとアスリートとの一体感を高めてくれると信じています。
本展では、北京 2022冬季オリンピックに臨むTEAM JAPANをより身近に感じて頂くために、競技用具の展示とともに実施競技の見どころなどをご紹介します。また、大会終了後にはアスリートたちが大会の中で見せる名場面を選手自身の言葉とともに振り返ります。
 ※TEAM JAPANとは、日本代表として世界で戦う選手やチームです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る