小企画展「ブロンズ彫刻の世界」鹿児島市立美術館

小企画展「ブロンズ彫刻の世界」鹿児島市立美術館

名称:小企画展「ブロンズ彫刻の世界」鹿児島市立美術館
会期:令和3年12月21日(火曜日)~令和4年3月21日(月曜日・祝日)
場所:2階(企画展示室)
観覧料:一般300円、高大生200円、小中生150円
住所:〒892-0853鹿児島県鹿児島市城山町4-36
TEL:099-224-340
URL:鹿児島市立美術館

彫刻には、石や木などの硬い素材をノミで彫り刻んでつくるカーヴィング(彫造)と、粘土や蝋などの柔らかく可塑的な素材を手やヘラで成形するモデリング(塑造)の技法があり、ふたつを合わせて彫塑と表現されることもある。ブロンズ彫刻は作家が粘土で制作した原型からとった型に金属を流し込んでつくられるため塑造にあたる。粘土を付けたり削ったりする作業を繰り返しながら生み出された形のなかに、作家の試行錯誤や手のぬくもりを感じることができるだろう。
原料のブロンズ(青銅)は、主成分である銅に錫を混ぜることで硬度を強くした合金だ。その歴史は古く、紀元前3000年頃のメソポタミアのシュメール文明まで遡ることができ、研磨や圧延などの加工が可能であったため斧・剣・銅鐸などが作られた。日本には紀元前400年頃に大陸から鉄とともにもたらされ、現在も10円玉硬貨など身近な製品に使用されている。
ブロンズは錫の含有量によって赤銅色から黄金色、白銀色まで色の変化が見られ、さらに腐食によって美しい青銅色になる。ブロンズ彫刻は基本的に彩色されることはなく金属の色がそのまま生かされている。これは、あらゆる角度から鑑賞される彫刻にとって、光もまた作品の大切な構成要素となるからである。モノトーンの肌は、光によってもたらされるボリュームやモデリングを最大限に引き立てている。
本展では、西洋近代彫刻の大家であるロダンやブールデルのほか、彼らにつづいて空間との関係を探究したアーキペンコやザッキン、ムーアら、そして鹿児島ゆかりの安藤照、中村晋也らの作品を一堂に紹介する。常設展示の屋外彫刻とともにブロンズ彫刻の世界を楽しんでほしい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」大阪歴史博物館
ページ上部へ戻る