古市牧子 「ヒヒフフイズム」WISH LESS

古市牧子 「ヒヒフフイズム」WISH LESS

名称:古市牧子 「ヒヒフフイズム」WISH LESS
会期:2022.01.15(土)~2022.02.06(日)
開廊時間: 木金 15:00-20:00/土日 12:00-19:00/月~水 休廊
休館日:月曜,火曜,水曜休館
オープニングパーティ:2022年1月15日 18:00 から 20:00 まで
入場料:無料
会場:WISH LESS
住所:〒114-0014 東京都北区田端5-12-10
TEL:03-5809-0696
URL:WISH LESS 

WISH LESS galleryでは、フランスを中心に活動する画家、古市牧子の個展を開催いたします。古市は、豊かな色使いとにじみ、ぼかしを駆使した透明感のある水彩画を得意とし、これまでにホテルルームの内装や修道院、歴史的洞窟内の巨大壁画を手掛け、最近では自身の作品が美術館のコレクションに加わるなど、フランス美術界において非常に高く評価されています。
生き生きと描かれた人物や動物たちの内面に潜むブラックユーモアを巧みに描写し、観る側を「ニヤリ」とさせるような古市の鋭い表現力に触れてみてください。

作家の言葉
ドロドロ、ねっとり、時におどろおどろしくて、そしてちょっと滑稽なものが好きだ。ここ数年、信仰や神話、妖怪といったものをテーマに制作を行なっているのも、そのせいかもしれない。人々は何かに祈るし、すがりたいし、信じたい。絵を描くことは私にとって神聖な行為で、信者が神に祈る行為と似ている。
展示では、手のオブジェや仮面・妖怪のような生き物が描かれた水彩画を組み合わせて、祭壇や供物台を思わせる宗教的な雰囲気を演出したいと思っている。
ちなみにHihifoufou(ヒヒフフ)とは、私が笑う時の擬声語である。

PROFILE
古市 牧子
1987年金沢市生まれ。2011年ナント美術学校を卒業後、フランス国内を中心に活動。
継続的で曖昧な笑みをもたらす「ニヤリ」なものを作り続ける。
主に水彩画を中心に制作していたが、絵画を利用した空間インスタレーションや彫刻制作を展開している。近年は洞窟壁画や鐘の装飾制作なども行っている。
アーティストウェブサイト:http://makikofuruichi.com
個展
2021 Soggy daydream (Le Carré, Chateau Gontier FR)
   Very Small Amazon (Espace MIRA, Nantes FR)
Suru Suru (Galerie Vachet-Delmas, Sauve FR)
2019 L’Age de Raisin (Axenéo7, Gatineau, CA)
2018 KAKI Kukeko (Frac des pays de la loire, Carquefou FR)
Thief of hand (Wish Less, Tokyo JP)
2017 Rêve gris (Sill, Nantes FR)
Boss (3e Parallèle, Paris FR)
2015 Ciel Poilu (Galerie 5UN7, Bordeaux FR)
グループ展
2021 I Believe I Can Fly (Le Port des Créateurs, Toulon FR)
2020 Pharmakon Chain Reaction (Atelier Mitsushima, Kyoto, JP)
INTER_ (Visual arts prize of the city of Nantes, L’Atelier, Nantes FR)
2019 Yoann Estevenin + Makiko Furuichi (Galerie Guido Romero Pierini, Paris FR)
Nazcas Festival (Brasseries Atlas, Bruxelles BE)
2018 Realms II (Gordon Snelgrove Gallery, CA)
2016 Salon ddessins (Atelier Richelieu, Paris FR)
2015 Dans mes yeux (Bureau d’Art et de Recherche, Roubaix FR)
2014 Chambre Charbon (Wish Less, Tokyo JP)
レジデンス・受賞など
2021 鐘の装飾制作(フォントヴロー修道院からの依頼制作、コルニル・ハヴァール鋳造所、FR)
53メートルに渡る洞窟壁画制作(アケルマン、フォントヴロー修道院、FR)
34メートルの野外壁画制作(トゥーロン市からの依頼制作、FR)
現代アート地域基金機構 FRACによる作品買い上げ(ナント、FR)
2020 GENERATOR(40mcube、レンヌ、FR)
2019 ホテルルームプロジェクト(Le Voyage à Nantes、ナント、FR)
Axenéo7に2ヶ月の滞在制作 (ケベック、CA)
2018 若手作家のためのナント市賞受賞 FR

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る